内田病院

医療設備のご紹介

当院では、病院の早期発見・治療のために様々な最新機器を導入しています。

内視鏡

内視鏡

近年、日本では大腸がんの患者様が増え、女性では大腸がんの死亡率が第1位になりました。その一方で、医療の進歩により早期に発見されれば大腸がんはほぼ完全に治ります。当院では細く柔らかいカメラを使用していますので少ない負担で検査が受けられます。

当院の内視鏡の特徴

・お腹のハリ・痛みが少ない
二酸化炭素送気を導入しているため、お腹のハリや痛みを軽減できます。
・経鼻・経口自由に選べる
経鼻挿入、経口挿入どちらでも好きな方を選択できます。嚥下反射の強い方は経鼻がおすすめです。
・寝ている間に検査可能
点滴をして寝ている間でも検査ができ、苦痛を緩和することができます。

MRI

MRI

自覚症状のない無症候性脳梗塞や脳動脈瘤の早期発見に有用です。特に高血圧・糖尿病・高脂血症などがある方、血縁者が脳卒中を起こしている方はMRIを使った検査をおすすめします。また、認知症の早期発見に有用なVSRAD検査も可能です。

CT

CT

CT検査は、X線を利用して、体の断面を撮影する検査です。心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病巣の早期発見に有用です。MRI検査は検査時間が長いが放射線被爆はないことに対し、CT検査は検査時間が短時間な反面、X線を利用しているため多少なりとも放射線被爆があります。妊婦の方などは検査することができませんので、検査をするかどうか、医師と相談する必要があります。

エコー

エコー

エコー検査は、超音波を患部にあてて、その反響を映像化する検査です。胃や腸、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、大血管の検査に適しています。また、CT検査と違い、放射線被爆もないため安全です。特に胆石や早期肝臓がんの発見に有用です。

ページトップへ戻る